青汁の効果ってなに?「1日分の野菜が採れる」のウソ

見直される青汁の健康効果

昔から健康に効果があると期待される青汁ですが、まずいというイメージやお年寄りの飲むものというイメージもよく聞かれました。

 

しかし、現代人の深刻な野菜不足を補えるマストアイテムとして、青汁が最注目されています。

 

今ではドラッグストアなどにいくと壁一面に青汁を見つけることが出来ますが、抹茶風味など飲みやすいものも増えてきたので、子供でもジュースのような感覚で飲むことが出来ます。

 

最近では西洋医学的な考えで、サプリメントを用いて足し算の栄養学が主流ですが、栄養素を野菜から取るということは、バランス的にも栄養の吸収効率的にも非常に魅力的なものになっています。

 

そのためこうした青汁の健康効果が見直され、若い方でも日常的に青汁を飲まれる方も増えてきました。

 

中でも最近では酵素が注目された事もあり、酵素を配合して身体の中から綺麗になれるような美容向けやダイエット向けの青汁も登場しているので、老若男女幅広い方々に青汁が注目されています。

 

男性でも一人暮らしの方などは食生活が不規則になりがちで、深刻な野菜不足になってしまうので、こうした飲みやすい形で野菜を摂取するということは、日々の活力源はもちろん、将来的な病気リスクを下げるためにも重要なものになっています。

食事の最初の青汁で手軽にダイエット

 

青汁はダイエットにも効果的です。

 

普段の食事の際、主食やおかずなどを食べる順番はあまり気にしない人の方が多いかもしれません。

 

お腹が空いている時はまず主食からガッツリ食べてしまう人も多いでしょうが、これは非常に太りやすい食べ方です。

 

空腹時にエネルギーに変換されやすい主食をたくさん詰め込んでしまうと、血糖値が上昇しやすくなります。

 

血糖値の急激な上昇は太る原因になってしまうので、食事の順番を変えて血糖値の急上昇を抑制して上げる必要があります。

 

この時に役立つのが青汁なのです。

 

青汁にはたくさんの野菜の栄養が含まれています。

 

空腹の時にまずは野菜を食べておくと、野菜に含まれる食物繊維の働きによって血糖値の上昇が緩やかになります。

 

忙しい時はどうしても食事の中で野菜の摂取量が減ってしまいますが、青汁を利用すれば簡単に野菜の栄養を補うことが出来ます。

 

つまり、食事の最初に青汁を飲んでおけば、その後普通に食事をしてもダイエット効果が期待出来るというわけです。

 

ダイエットをしたくても運動をする時間が取れない方や、なかなか食生活を改善する手間が欠けられない方は決して少なくありません。

 

忙しい現代人は特にダイエットに労力を割くことが難しくなっているので、手軽に利用できる青汁で効率的なダイエットを目指してみてはいかがでしょうか。