青汁の効果ってなに?「1日分の野菜が採れる」のウソ

美味しくなった青汁を体験して欲しいんです

日々の健康を維持していくために野菜の摂取は欠かせないのですが、1日に必要とされる野菜の成分を完璧に摂りきれている方は少ないと言われているんです。

 

特に自炊をされない外食派の方々に多く見られる傾向で、野菜不足はその後の体に良くない影響を与える可能性が高まってくるのは言うまでもないでしょう。

 

そんな野菜が普段から不足されがちな方にピッタリなのが、もはや健康飲料の代名詞ともなった青汁かと思います。

 

以前は青汁というとお年寄りが飲むものというイメージが無きにしもあらずと言った感じでしたが、今は成分の充実や味の改善によって若い方も愛飲されるようになりました。

 

何故青汁を敬遠されていたのかという原因の一番手が味でしたので、気軽に飲むことのできる現在の青汁は本当に進歩した物だといえます。

 

また青汁に使われている野菜成分も定番であるケールの他にかなりの数が増えてきましたし、味をまろやかにするための食品などもプラスされるようになり、かなり美味しく召し上がることが出来るようになりました。

 

体に良くても美味しくなければ続けられませんので、メーカーもかなりの努力を重ねて美味しい青汁を作り出して来たのだと思います。

 

まだ飲んでいない方にはその美味しさを実感して欲しいものです。

おススメの青汁の飲み方

 

最近の青汁は、そのままでも美味しく飲む事ができるようになりましたが、それでも味が苦手な人や味に飽きてしまった人におススメの飲み方があります。

 

1つ目が、定番かも知れませんが、青汁と牛乳の組み合わせ。

 

その組み合わせは、文句ないの組み合わせとなっており、まるで抹茶ミルクを飲んでいる科のように美味しく飲む事ができるようになっています。

 

少し甘みが足らないようならハチミツを混ぜると甘くて、とても美味しくなると思います。

 

また、牛乳のカロリーなどが気になる場合は、牛乳の代わりに豆乳もおススメです。

 

この場合、美容効果をアップさせたいなら、きな粉やゴマを混ぜても良いかと思います。

 

このようなミルク系の他、朝食の際にヨーグルトに混ぜる食べ方もおススメです。

 

毎朝の朝食に青汁ヨーグルトを食べる事で、美容効果もアップし、朝の忙しい時間の食事でもたくさんの栄養を摂取する事が可能になってきます。

 

これらのような、何かに青汁を混ぜる飲み方に抵抗のある人は、例えば、いつもの青汁にレモンやグレープフルーツのしぼり汁をほんの少し入れてみたり、ハチミツや黒蜜、メープルシロップなどを少し混ぜて飲んでみるだけでも、随分、飲みやすく、また、味を変えて楽しむ事ができるかと思います。